BIG LOVE ACTION powered by MINI

地域事業者と旅行者のニーズをマッチング。旅の新しいカタチ、「お手伝い × 旅 = おてつたび」

Assistance × Travel = OTETSUTABI - A new form of travel.

株式会社おてつたび

新しい未来をつくろう部門 
BIG LOVE FOR THE FUTURE.

日本に潜む社会問題や、近い将来直面する問題を解決するアイデアとは?
枠にとらわれない発想で、これからの日本をつくろう。

解決したい社会問題

「おてつたび」が解決したい日本の社会課題は下記の3つです。
1. 日本各地にある本当にいい人、いいもの、いい地域が、なかなか見えない・注目されない、評価されないこと。
2. 地域の季節的・短期的な人手不足が、慢性的に放置され解決されないこと。
3. 日本各地の地域に興味があるが、なかなか行くキッカケがない、または、交通費や宿泊費が負担となっている(特に若者において)

We, "OTETSUTABI", want to solve the following three social problems in Japan:
1. The lack of visibility, attention, and appreciation of truly good people, products, and regions throughout Japan.
2. Seasonal and short-term labor shortages in regional areas, which are chronically neglected and unresolved, and
3. The lack of opportunities to visit regional areas around Japan that are of interest to people, but for which the cost of transport and accommodation is a burden (especially for young people).

その問題を解決するためのアイデアやアプローチ方法

人手を必要としている地域事業者(季節的な人手不足に陥りやすいホテルや旅館、農家など)と、地域に興味がある人々(主に若者たち)を繋ぐマッチングプラットフォームを提供しています。
「おてつたび」への参加者は、旅をしながら現地で寮などの宿泊提供を受け、現地のお手伝いをして報酬を得ることで、交通費や宿泊費の負担を軽減でき、また受入側は季節的・短期的な人手不足を都市部から借りることで解決できます。
単なる旅行の枠を超え、現地の方々と一緒にお手伝いをすることで、通常の観光では得られない深い関係性が築かれ、「おてつたび」終了後も、宿への再訪や、通販で農家さんから野菜の直接購入することにつながっています。

We provide a matching platform "OTETSUTABI" to connect local businesses that need manpower (hotels, inns, farmers, and the like that are prone to seasonal manpower shortages) and travelers (mainly young people) who are interested in the area.
Travelars are offered accommodation at dormitories and other places in the local area while travelling, and are compensated for assisting the local community, thereby reducing the burden of transport and accommodation costs, while the hosts can solve seasonal and short-term manpower shortages by borrowing from urban areas.
By going beyond, mere travel and helping together with local people, a deeper relationship is built with them than can be achieved through regular tourism. It is our pleasure to see and receive feedback that it leads the return visits to the place of accommodation or direct purchases of vegetables from farmers via mail order, even after the "OTETSUTABI" program has ended.

プロジェクトを進行している上で直面している課題や困難

まだまだ受け入れ事業者も参加者も知名度が低く、認知度の拡大が必要だと思っています。
地方では公共交通機関の利便性が低く、移動手段の確保が必要となります。また受け入れ先の方には宿泊場所(寮や民泊など)の提供をお願いしているのですが、宿泊場所の用意ができずに諦めてしまう事業者が多いのが現状です。
知名度を上げることが、こういった状況の打開にもつながることと思います。

Our challenge today, is the low awareness of this project among both, the host operator and participants. In rural areas, public transport is not convenient, so it is necessary to secure means of transport. In addition, the host organizations are asked to provide accommodation (dormitories, private accommodation, and so on), but many operators ends up give up because they are unable to obtain a place to stay. Raising awareness of the project will help to overcome this situation.

プロジェクトについて、さらに詳しくはこちら

エラーが発生しました。再度お試しください。