BIG LOVE ACTION powered by MINI

オランダ発 子どもと大人のバディプログラム
「We are Buddies」

We are Buddies: A child and adult buddy program.

一般社団法人 We are Buddies

みんなの笑顔をつくろう部門 
BIG LOVE FOR CREATING SMILES.

抗いようのない困難に直面している人や動物たち。その障壁を取り払うアイデアとは?
誰もが等しく笑顔で生きられる世の中をつくろう。

解決したい社会問題

ジェンダー平等の動きや、働き方改革の潮流も手伝い、個人が尊重される中で、個人の役割も増えているのではないでしょうか?
ワーママ、イクメンなどが流行語になり、育児に関する考え方や取り組みも時代とともに変わってきています。
しかし、保護者が子育てを頑張ることへのプレッシャーは、以前と比べて同等または増しているかもしれません。
少子化が続く日本において、家族のかたちも多様化するなかで、社会全体で子育てをするという発想。
オランダ発「子どもと大人のバディプログラム」では、子どもや子育てに多くの大人が細く長くかかわることで、子どもやその保護者の心の孤立を防ぎます。

The movement towards gender equality and the trend towards reforming working styles.. those actions help increasing the respect to individuals which is great.
A Working mother ("waa mama") and child-raising men ("ikumen") may have become buzzwords, as ideas and approaches to childcare are changing with the times.
However, the pressure on parents to do their best in child raising may be bigger than before. As the number of children in Japan continues to decline and family forms diversify, the idea is for society as a whole to take charge of childcare. The "Child and Adult Buddy Program" from the Netherlands prevents the emotional isolation of children and their parents by involving many adults in the long and ongoing process of parenting.

その問題を解決するためのアイデアやアプローチ方法

ひとり親家庭のお子さん、特別なケアが必要なお子さんのご兄弟、学校に行っておらず社会との繋がりが不足しているお子さんなど、「他者が子育てに関わった方が良さそうなご家庭のお子さん」に、ボランティアの大人バディがかかわります。
保護者の方だけが子育てを頑張るのではなく、多くの大人が子どもや子育てに関わり、登場人物みんなが力を抜いて、優しい気持ちになれる社会を目指し立ち上げたのが「We are Buddies」です。
子どもと大人ボランティアが2人組のバディとなり、月に1~2回×数時間×1~2年、オフライン・オンラインで、遊んだり話したりしながら時間を過ごし、細く長い関係性を築きます。

A volunteer adult "buddy" gets involved with the children from families where it might be better for others to be involved in their parenting, such as children from single-parent families, siblings of children with special needs, and children who are not in school and lack social connections. "We are Buddies" was set up with the aim of creating a society where not only parents try their best to raise their children, but where many adults are involved with children and parenting, and everyone can take a break and be kind. Children and adult volunteers become a pair of buddies and spend time playing and talking, offline and online, once or twice a month for several hours over one to two years to build a long and deep relationship.

プロジェクトを進行している上で直面している課題や困難

オランダでは、子どもと大人のバディプログラムが40年も続いていて、社会のセーフティネットの1つとして機能していることを知り、日本でもやってみようと思ったのがこの「We are Buddies」です。
設立して2年で、現在は、東京と群馬で活動をしており、今後、活動エリアを増やしたいと考えています。
また、この活動が日本でも長く続くものになり、現在「子どもバディ」として参加しているお子さんが、将来「大人バディ」として参加するなどの循環がうまれる未来も、待ち遠しいです。
そのために、活動の認知を広げ、より多くの方にプロボノや寄付サポーター(個人・法人)として参加・賛同していただきたいと思っています。

"We are Buddies" was inspired by the fact that the child-adult buddy program has been running for 40 years in the Netherlands and functions as a social safety net, so we decided to try it in Japan. We are currently active in Tokyo and Gunma and would like to increase the area of activity in the future.
We are also looking forward to a future where this activity will continue long-term in Japan, and children who are currently participating as "child buddies" will be able to participate as "adult buddies" in the future. In order to achieve this, we would like to increase awareness of our activities and encourage more people to participate and support us as pro bono workers and donation supporters (individuals and companies).

プロジェクトについて、さらに詳しくはこちら

エラーが発生しました。再度お試しください。