BIG LOVE ACTION powered by MINI

教室から世界を変える
「Teach For Japan」

Teach For Japan - changing the world from the classroom

認定特定非営利活動法人 Teach For Japan

新しい未来をつくろう部門 
BIG LOVE FOR THE FUTURE.

日本に潜む社会問題や、近い将来直面する問題を解決するアイデアとは?
枠にとらわれない発想で、これからの日本をつくろう。

解決したい社会問題

昨今、子どもの不登校・自殺者数は増加の一途を辿っています。
不登校のきっかけは「先生のこと」「勉強についていけないこと」「生活リズムの乱れ」などがあり、自殺の要因も「学校問題」と「家庭問題」で全体の60%近くを占めています。
このような背景には、「教員の“量”の不足」とそれを引き金とした「教育の“質”の低下」があります。
現在、多くの学校で教員の未配置が発生しており、未配置により教員一人当たりの業務量が逼迫し、結果として子どもたちが享受する教育の質も低下しています。
これらを解決し、すべて子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界を実現します。

In recent years, the number of children skipping school and committing suicide has been on the rise. Triggers for truancy include "teachers," "not keeping up with studies," and "disrupted home life," while "school problems" and "family problems" account for nearly 60% of all suicides. Against this background, there is an insufficient quantity of teachers and a decline in the quality of education triggered by this. Currently, many schools are experiencing teacher under-allocation, which is putting pressure on the workload per teacher and, as a result, the quality of education which enjoyable for children is also declining. We want to solve these problems and create a world where every child has access to a great education.

その問題を解決するためのアイデアやアプローチ方法

普通免許状の取得有無に関わらず、独自選考・研修を通過した教員としての資質・能力を有する人材を、学校現場に2年間送り出すフェローシップ・プログラムを運営しています。
文部科学省が活用促進している臨時免許状・特別免許状を自治体に発行いただくことで、多様な人材が教員になることができる点が大きな特徴です。
赴任した教員は、研修での学びを礎に、子どもたち1人1人に向き合い、現場に根ざした課題解決を進めます。
このように、教員不足の解決や教育の質向上に挑む自治体と連携の上、独自手法による教員養成・輩出を進め、学校現場を取り巻く負のスパイラルを断ち切ってまいります。

We operate a fellowship program that sends qualified and competent personnel to school sites for two years, regardless of whether they have obtained a regular license or not, who have passed an independent selection and training process. One of the key features of the fellowship program is that a diverse range of personnel can become teachers by being issued temporary and special licenses by local authorities, which the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) promotes the use of. The teachers who are appointed to the new posts use the learning from the training as a basis for dealing with individual children and solving problems rooted in the field. In this way, in cooperation with local authorities that are taking on the challenge of solving teacher shortages and improving the quality of education, we are promoting the training and production of teachers using our own methods and breaking the negative spiral surrounding school sites.

プロジェクトを進行している上で直面している課題や困難

2013年に始まったフェローシップ・プログラムの参加者の総数は214人になり、関わった児童生徒の総数は2万人以上に及びます。
これまで着実に歩みを進めてくることができた一方で、いまだに学校現場の課題は山積しています。
教育課題の解決や公教育のシステム変革を実現するための、リソースや権限を単独で持っているプレーヤーは存在しないため、各所との連携(学校、自治体、国、企業、地域、研究機関等)と課題解決を目指す「共同体」としての関係を構築していく必要があります。
このネットワークからコレクティブ・インパクトを創り出し、本質的な社会課題の解決を実現してまいります。

The total number of participants in the Fellowship Program, which began in 2013, now totals 214 and the total number of pupils involved is more than 20,000. While we have been able to make steady progress so far, there are still many challenges facing schools. As no single player has the resources and authority to solve educational issues and transform the public education system, it is necessary to build relationships with various places (schools, local authorities, central governments, companies, communities, research institutions, and so on) and as a collective aiming to solve problems. From this network, we will create collective impact and realize solutions to critical social issues.

プロジェクトについて、さらに詳しくはこちら

エラーが発生しました。再度お試しください。